冥想

何もしない稽古

こんにちは、龍全です。

いよいよ10月開講に向けたマインドフルネ
スNLP®コースの体験説明会が始まります。

詳しくは <体験説明会>

冥想の経験を積まれている方はもちろん、は
じめて冥想に取り組まれる方やマントラ冥想
の伝授を受けたばかりの方にも体験してみて
いただきたいのが「グループ冥想会」。

姿勢や座り方といった基本的な冥想の方法か
ら、続けていく工夫などを習得していけます
し、ひとりで坐るのとグループで坐るのでは
格別な体験をすることができます。

冥想をされている方は、グループ冥想の成果
で、日常の冥想もより楽になっていきますし、
質問とその応えを聞くなかで問題解決のヒン
トや望みの実現に対して、気づくこと、感じ
ることもあるものです。

特に今は「セルフコンパッション(慈悲)」
をテーマにさまざまなアイデア、冥想の方法
を探求する場を設けていますので、ファシリ
テーターを務めていて私自身も毎回発見する
ことがあり、あらためて気づくことも多いの
です。

リラックスした豊かな場ですので、よかった
らいらしてくださいね。

さて、前回は「冥想をするなかで、いろいろ
考えてしまうのですが・・・
」という「雑念」
といわれるものに対して、マインドフルネス
の場合ではどうしていくか、お話ししはじめ
ました。

今回は、マントラ冥想(elm冥想)では?
いう話でしたね。

elm冥想はとってもシンプルで、目を閉じて、
伝授を受けたマントラを一度だけ思うだけで
冥想が始まって、時間が来たら終えるだけ。

その冥想の間に、自分の顕在意識で考える以
上のことが進んでいきます。

一生涯を冥想に費やした天才たちのエッセン
スがこのマントラ(真言、響き)に反映され
ていますから、とっても効果的に、急速に、
必要なことが進んでいくのです。

冥想に入ると、それまでの自分の思考パター
ン、心のクセ、不調和が手放されていきます
ので、いわゆる「雑念」も次々湧いていきま
す。この間、何も意識的にせず、ただただ手
放していきます。

自力で”何かをしよう”とするのではなく、
起きるままに任せ、委ねる。

”考え”てもいいのですよ。”考えが浮かんで
仕方ない”そうですよね。それでいいんです。
とっても順調に進んでいます。浮かんでくる
考えに囚われることなく、膨らませることな
く、ただ流れるまま手放していきます。

不思議なほどに、この冥想が進むほど、あな
たの意識もより明晰に、しなやかに変化して
いくことでしょう。

ものごともよりスムーズに展開してきますし、
行き詰まっていたことがあれば、それまでと
異なったアプローチが見つかってきます。

elm冥想に取り組まれる/取り組んでいる方は、
どうぞ楽しみになさっていてください。

追伸

メールとLINEでマインドフルネスNLP®の基礎講座(無料)をお届けしています。これまでの15年間で、NLPトレーナーとして学んだこと、感じことのエッセンスをお伝えしています。よかったらご登録ください。

友だち追加

関連記事

  1. 【丹生都姫に教わったこと】
  2. 自分よりも自分を信じてくれる人
  3. 自力から他力、そしてそれも越えて
  4. 「違いをつくる違い」を知り活用する[NLP]を学ぶ方法
  5. 般若心経の智慧が開く未来社会とは
  6. 「いのちを輝かすNLPコース」で学ぶ理由
  7. なぜ、今か?
  8. 【15日まで】本来どのような存在なのか
PAGE TOP