冥想

何のための学びですか

こんにちは、龍全です。

「大きく変わる状況のなかで、どう乗り越え、よろこびの本質にたどり着くのか」

この問題意識にさまざまな角度から伝えてくれる、大好きな書籍『よろこびの書』の映画がつい最近(6月21日)、米国で公開になったとのこと!

https://missionjoy.org/

(ダライ・ラマ法王とデズモンド・ツツ元大主教が、映画『Mission: Joy – Finding Happiness in Troubled Times(ミッション:ジョイー 困難な時代に幸福を見出す ー)』の公開の際し、オンラインで再会されました)

書籍を通してお二人の関わりが感じられるのは奇跡だわ」と思っていたのですが、映像で観られたら、伝わってくるものも倍加しますよね。日本でもこの映画が観られるようにならないかな?何かご存知のことがあったら教えてください。

先週末は、4月からはじまったマインドフルネスNLP®コースの<最終講>
これまで学んできましたNLP×冥想の統合でした。

そこに欠かせない要素として、この生涯で意識的にも無意識的も現れてくる自身の<魂の目的>を自ら”思い出す”ということ、そして、全てを統べる在り方、慈悲心がテーマとして立ち現れてきます。

関連するワークへの取り組みもみなさん素晴らしかった(T_T)

その方にとって、何のためのNLPか

その意味、価値が切実に胸に迫るものであるほど、モチベーション高く、効果的に学びが進みます。そして、<魂の目的>の理解が進むほど、今生でNLPを学んでいる意味も観えてくるものです。

”思い出す”と書いているように、最初は漠然としていたり、(顕在意識では)わからなくても、もちろんOK。

他者に問いかけるだけでなく、何度も死にかけた今、自分自身にもあらためて問うてみたんですね。

返ってきたのは、変わらず(あくまで私の場合はですが)

NLPは、自分自身そして関わる方々の「いのちを輝かす」ためのツール 

だということ。

ほんとうに力不足で日々反省なのですが^^;
胸が高鳴り、モチベーションが上がり、紛うことなく This is it な感じがするのです。

マインドフルネスNLP®は、他者とのコミュニケーション改善はもちろん、自分自身との対話も進んでいきます。この生涯をよりよいものにしていくツールとしての習得と実践を心からおすすめします。

⇒ マインドフルネスNLP®の習得をいっきに進める夏季の集中講座が始まります

今度の日曜日も朝の冥想会をオンラインで開こうと思っていて、冥想の諸先生方を思う度に私の拙さ、浅さに恐縮するのですが、時を越えて、そういった先生方に励まされる思いを感じ、誠心誠意、ファシリテーターを務めさせていただきます。よかったら一緒に坐りましょう🙏

▼詳しくは

追伸

メールとLINEでマインドフルネスNLP®の基礎講座(無料)をお届けしています。これまでの15年間で、NLPトレーナーとして学んだこと、感じことのエッセンスをお伝えしています。

友だち追加

関連記事

  1. なぜ、今か?
  2. 「リトリート」があなたにもたらす成果
  3. 「静寂を求めて」
  4. その名を思うたびに
  5. 「冥想中に、いろいろ考えちゃうんです」
  6. 多くのタスクをこなすのではなく
  7. 熊野詣とハリファックスさん
  8. 未来の自分にガイドしてもらう
PAGE TOP