冥想

自然のリズムを取戻す 簡単にできる方法

こんにちは、龍全です。

5月5日までの6日間、富士山の麓でリトリートに参加していまして、大好きな富士山を眺めながら始終、冥想していました(リトリートに足を運べるくらい快復しました)。

合間に、今回のテーマに絡んで『バカヴァット・ギーター』に関するマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの注釈書を読んでいたのですが、とるべき道に迷うアルジュナへのクリシュナのアドバイスが、見事に視界を広げ、それまでの囚われから抜けていく様子に胸がすく思いがしました。

前回も「会話のなかでビリーフチェンジを図る<14の言語のパターン>を題材にしながら、人生の変容・開花を促進していく場をともにつくりたい」と書いていましたが、今月下旬から始まるこの講座へもいい示唆、刺激になりました🙏

そういえば、まず開催が近い

「大切なことがグンと進むNLP集中力講座」(オンラインイベント)https://www.facebook.com/events/530339391288647/
おかげさまで、63名の参加申込になりました。

マインドフルネスNLP®コースを【修了された方】限定のイベントで、この人数はありがたい、久しぶりにお会いする人も多くて、今から楽しみです。

久しぶりといえば

富士山リトリートでも、早朝に近くにある浅間神社にお参りに行きたいなぁと思っていたら(ご祭神にほんとご縁が深く、ありがたいことに、よく通っていた東京の北参道の神社でも小さな富士山があって、よく手を合わせていました)

朝、お参りしたいと思いながらも、ひとつひとつに時間がかかったり、ふとした用事が出来たりして、思っていたより遅くなってしまったのですが、鳥居のあたりで、古くからの受講生さんにお声をかけていただきましてね。

破顔一笑。嬉しい再会でした。

普段ならそこにはいないお互いですし、タイミングもそこしかないという瞬間。

シンクロニシティは頻繁に体験しているはずなのに、なんとも嬉しいですね〜
【 ものごとは完璧なタイミングで流れていく 】ことをあらためて感じる機会でした。


冥想をするようになって激減しましたが、せっかちな私は何かと「早く、早く」と急いてしまうのですが、そんなときも肩の力を抜いて、深呼吸して、リラックス

そのときには解釈できないことがあっても
「何か意味があるのだろう/何かが目覚めようとしているのだろう・・・」
と判断を保留して、リラックスして、起きるがままに委ねる。

過去からの記憶、囚われ、カルマに足をしばられるのではなく、いまを生きるポイントでもありますね。

すると 自然なリズムを取り戻して、いっそう流れにそっていけます。

パート(何かしら強い感情的な出来事でできた自分のなかの自分のひとつ)に動かされるではなく、ハートから

を思い出させる一連の体験でした。

最終日にあった出来事もシェアしたいので、また続けてお便りしますね^^!

追伸

メールとLINEでマインドフルネスNLP®の基礎講座(無料)をお届けしています。

友だち追加

関連記事

  1. 一回一回の瞑想を楽しむ方法
  2. YOGA哲学を学ぶと何がいいの?
  3. 瞑想が脳にもたらす7つの効用
  4. 冥想を伝授しはじめた理由
  5. ”意図”からの願望実現
  6. 時を越えて読みつがれる名著
  7. ”我慢”⇒”感謝”に自然にシフトする問い
  8. 新年おめでとうございます
PAGE TOP