冥想

自分で書いた本かと思って

なるほど!そういう意味だったのか・・・

何度も読み返し、時間を経て、腑に落ちてくる本ってありませんか。

本好きで、興味に任せて次々読むので、特定の本を読み直すことはまずなかったのですが、それでも何度も繰り返し繰り返し読む本があります。

その一つが、アール・ナイチンゲール著の『人間は自分が考えているような人間になる』


最初は、その新鮮な考え方、捉え方に、本の角を折っては読み返していたのですが(倍の厚さになってました)、何度も何度も読んでいるうちに、そうした見方・捉え方が自然になっていって、何回目かに本を手にとったとき、まるで「自分が書いた本」かと錯覚するくらい、心身に溶け込んでいたことを「面白いなぁ!」と感じたことを覚えています。

マインドフルネスNLP®でも同様で、最初のコースは3〜4ヶ月で終わる稽古場で、それはそれで多くの方が怒涛の学び、気づきの機会にしてくださるのですが、そこで習得していったNLPや冥想は、時を経るほどに育ち、開花していきます。

なので、コースを修了された方向けに、なるべく最高最善になるような企画、機会を提案するようにしています。

5月9日(日)夜も
「大切なことがグンと進むNLP集中力講座」というオンラインイベントをマインドフルネスNLP®コースを【修了された方】を対象に開きますので、対象の方はこちらをご確認くださいね。
https://www.facebook.com/events/530339391288647/

今のところ参加申込は50名ほどで、受講期や地域を越えたつながりを創る機会でもありますので、よかったらご参加ください。

私も久しぶりにお会いできる方が多くとっても楽しみです。

コースにご参加くださっている方々は、最初は、”NLP自体の習得”を主眼に集まってくださるのですが、当然ながらどの方もNLPはあくまでも手段であって、目的ではなく、NLPを通して望んでいること、実現したいことがあるものです。まだその時点では言葉になっていなくても。

そうした頭を悩ます問題が解消される方向に進み、心底からの望みに目覚め、いっそう実現していくプロセスで、マインドフルネスNLP®を大いに役立ていくことができます。

あなたにとって、冥想し、NLPを自在に使えるようになるこのマインドフルネスNLP®での学びが、時を越えて人生をいっそう開く大切なツール(オブ スピリット)のひとつになっていきますように。

追伸

マインドフルネスNLP®をイチから知る基礎講座(無料)を、メールだけではなく、LINEでもお届けできるようになりました(メール版と同じ内容です)。なかなかメールがコンスタントに届かない場合もありますので、よかったらLINE版をご利用ください。

すでにこのLINEにご登録くださっている方で、マインドフルネスNLP®基礎講座の配信をご希望くださる方は、LINEでスタンプやメッセージなど、新たに何か一言送信していただくと配信がスタートいたします。

友だち追加

▼メール版はこちら

関連記事

  1. しなやかな強さを養う冥想会を開きます
  2. 何が人を動かし、何が止めるのだろう?
  3. 後世への最大遺物
  4. その名を思うたびに
  5. どうしたら”思い”を言葉で表現できますか?
  6. 「最後の講義」
  7. 継続的にあの人をサポートをする上で大切なこと
  8. ”我慢”⇒”感謝”に自然にシフトする問い
PAGE TOP