▼【NEWS】

とらわれない心身をつくる方法

こんにちは、龍全です。

今回は、千駄ヶ谷の東京体育館前から
お便りしています。

東京体育館の紅葉があまりに綺麗で
ふと立ち寄りたくなってしまいました。

週末は東京でNLPコースですし
明日から瞑想伝授なども
予定していますので
神宮北参道の東京オフィスに
山梨から参りました。

そういえば、瞑想セミナーの
ご挨拶ビデオを撮りました。

短くまとめていますので
よかったら見てみてください^^
瞑想セミナー&説明会

先日から来年3月のイベントを
ご案内していましてね。

まあ、スペシャルな企画ですわ。
自分も話しますけど
他の方々の話が楽しみ♪

私は、ニューコードNLPの核心でもある
【know nothing state】について
シェアします。

日本語でいうならば、
こだわらない
とられない
心と身体、とでもいうのでしょうか。

マインドフルネスとも関連が深い
このステートを中心にお話したいと
思っています。

生きていて
働いていて

知らず知らずのうちに(自動的に/無意識的に)
ものごとをこなしていける
(いつもの通勤電車に乗るなど)のは
効率的で欠かせない機能ではありますが

豊かな成長がある人ほど

同じようなものごとでも
新鮮な眼で観て
そこから気づき、これまでの自分を開放し
新たな生、展開を得ていきます。

ニューコードNLP
(神経言語プログラミング)でも

「問題」と感じているものごとを
ある空間においておいて
そこから一度、離れて、
あるゲームやワークを通じて
【know nothing state】
になります。

そして、最初の「問題」の空間に戻り
今度は、その「問題」が霧散して
いるのを確認するのです。

問題はこの世界でそのままあったとしても
ご自身のあり方、その「問題」の感じ方、捉え方は
まったく変わることをお感じいただけることでしょう。

 

短いプロセスですから
マジカルな感があります。

私たちは
つい、こう相手がでるとこうしちゃう
という「反応」の動物ですし
繰り返しを生きてしまうことも
多いですから

▼こういう本もあるくらい

反応しない練習  あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」 反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
草薙龍瞬

KADOKAWA/中経出版 2015-07-31
売り上げランキング : 387

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

この機会に、ともに
【know nothing state】
について理解と実践力を
つけていければ幸いです。

▼詳しくは
「3人の専門家に聞く」〜ニューコードNLPのポイント〜

関連記事

  1. NLPと本_10
  2. ベストを提供するためにも環境の力をかりる
  3. 最後のピース
  4. 何を目指して?
  5. おかげさまで、2ヶ月ぶりに日本に戻りました!
  6. 【丹生都姫に教わったこと】
  7. 「何のために生まれてきたのか」を知る
  8. コア・トランスフォーメーションのやり方【手順篇】

▼月別ブログ記事

PAGE TOP