冥想

よりしなやかなシフトへ

こんにちは、龍全です。

先週金曜日の夜に、「しなやかな強さを養う冥想会」を開きまして、ご参加くださった方々もありがとうございます🙏

今回、「コーチステート」についてあれこれ話していたのですが、次回からいよいよプロセスのひとつひとつをいっそう伸ばしていく冥想に入っていきますので、楽しみにしていてください(私が楽しみなのですが)♪

素敵な時間を共有できるのではないかなと思っています。

次回は5月29日(金)21時30分から(無料でご参加いただけます)こちらのチャンネルでライブ配信します。

マインドフルネスNLP @YouTube

朝6時~7時にelm冥想会を配信したら、仏教の経典や解説を読み込むのを楽しみにしていまして、これが新発見があって、毎朝楽しみなのです。今朝も勝鬘経(しょうまんぎょう)の世界に感動していました。

聖徳太子も「勝鬘経義疏」というのをまとめていまして、私もいつか近いうちに、日本の三大知性とされる「聖徳太子、空海、西田幾多郎」について自分なりにご紹介できるレクチャーをしたいと夢に描いていまして、関連するテキストを読んでいるのですが。。。知るほどに、その大きさに気が遠くなります。。。が、この夢・ビジョンが今の行動を統べてくれているように思うのです。

それから、冥想や気功に関する書籍・CD。何千年に渡る先人の探求・発見はほんと面白い。

こうして毎朝、ワクワクしながらも、コツコツやってますが、学生時代から何かと一夜漬けで、あちこち気が散っていた私もプロジェクト型の探求は合っているみたいです。

そして、途中で朝ごはんを食べ、何種類かの動画収録に入ります。

最近収録できていかなかったのですが、今週末にマインドフルネスNLPコースの第2講がありますので、事前にお送りする【NLPオリジナル動画教材】(講ごと10分程度の動画×数本)を収録したいと思っています(編集でき次第、参加者さんには配信しますね!)。

この収録が私も勉強になりましてね。

今回は、「VAKモデル」「アクセシングキュー」などを撮ろうと思っているのですが、7月までの全6講でNLPのポイントを十分学んでいただけると思います(これまでの受講生さんにもおすすめです)。

オンデマンドで興味あることを学べますし、一時停止したり、繰り返し観たり、自分の生活ペースに合わせて、ただレクチャーを受けるだけでは得られない学びがあります。

これに加えて、【生配信】(ライブ・オンライン・トレーニング)での場の共有。全体はもちろん、ZOOMのブレイクアウト(小部屋をつくる)も活用しながら、参加者同士の対話や実習など[場を共有する]ことを大切にしています。

ただ情報を得たいときならば、DVDやYouTubeを1.5倍~2倍の倍速設定にしたり、早送りして観ることが多いものですが、ゆったりと場を共有する時間が、そのときに必要な癒やし発見を促してくれますよね。

特に、マインドフルネスNLPの場は、それまでの自分の思考や価値観など、無意識に人生を形作っていたものに気づき、溶かし、変化をもたらしていきますので、同じ志をもった人々との場の共有って大事だなぁ、とあらためて実感しているところです。

そして、土日の講座の後には、講座の【収録動画】や振返りレターなどを配信しています。

この他にも、(学びを促進していくれる)ラーニングコーチによる個別のフォローのNLPコーチングがあったり、忙しい人でも学びが深められるように工夫がいっぱい。

何年も前に「いつか」と思っていたオンラインの要素が、決して補助レベルではなく、融合、統合されてきている感があります。

ときどき、「落ち着いたら学びたい」と学習意欲が高い方がおっしゃるのですが(他にもいろいろ予定が詰まっているのを感じます)、私は永く「コーチ」をしてまして、人生の転換期に「コーチ」させていただくことが多いのですが、その転換期にどう決意するか、根底のレベルで何を目指すのか、激動の日々の中でどのように在るか、その気づき、行動がシンプルな豊かさを実現させていきます。マインドフルネスNLPの場がよいサポートになっていきますよ。

ご自身、そして日々関わる方々のために、
よかったら、今だからこそ、合流(再受講含めて)なさってくださいね。

追伸

今週中であれば、週末の講座から合流していただけます(次期は8月から)。私が個別にコース説明・受講相談も承っています。詳しくは

マインドフルネスNLP®コース個別説明・受講相談

関連記事

  1. 生かされた「いのち」だからこそ
  2. 「あなたのリカバリープランを立てる」
  3. 「空海ストラテジー」のリリース
  4. 魔法が存在するところ
  5. 【丹生都姫に教わったこと】
  6. [NEWS]10月開講コースの日程発表ほか
  7. 「何のために生まれてきたのか」を知る
  8. 至福に導かれて
PAGE TOP