┣ NLP経験者からのご質問

人生の目的を明確にしたいけど、方法がわからない

こんにちは、龍全です。

「人生の目的を考えると、頭が真っ白になるんです。
何も考えられなくなるのを何とかして、
人生の目的を明確にしたいと思っています」

とご質問をいただきますので、今回はそれにお答えしたいと思います。

 

まず、頭が真っ白になるところに留まらず、
人生の目的を明確にしたいと思われていることに
心から敬意を贈らせていただきます。

具体的な方法も記しますからきっと前に進んでくださるでしょうし、
本当に嬉しく感じています。ご質問も必要に応じてお寄せください。

私たちは人生の目的を、「価値を感じていて」
「まだ実現したことがないこと」で設定します。

価値を感じていなければ、人生の目的にしませんし
実現したことがあれば、目的にはしないからです。

ここまではOKでしょうか。

ですので、こういう言葉をよくいただきます。

「(人生の目的の実現)方法がわからないのです」

「(ワクワクの反面、正直)とても怖くます」

この言葉はとっても自然で、当然なこと、だと
ご理解いただけれることでしょう。

価値を感じていて実現したことがないこと、ですので
人生の目的には、たくさんの失敗経験があります。

人生の目的がその方にとって正解であるほど
「方法がわからず」「怖さ」がでることがあるのもごく自然なこと

決して臆病なわけでも、勇気がないわけでもありませんよ。
それだけ挑戦されている証拠です。

人生の目的に関係して、制限的な思い込みを明確にするときは
上記に限らず、このようなことが起きがちです。

「当面の問題から注意をそらさせるものが起こる」
「自分の思い込みを他の人の行動に投影する」
「思い込みにはしばしば複数の原因が関わっている事実を見逃して、
限られたチェンジワークで喜怒哀楽を繰り返す」

あくまであなた独自の対処を考えるのが大切ですが
対策も充実していますからご安心ください。

今日はそのなかのひとつをご提案しますね。

ステートを変え、「好きで得意なこと」の時間を増やす方法です。

ステートとは心の身体の総和のことで、
いまあなたがどんな状態か、ということでしたね。

人生の目的が考えられないときは往々にして
CRASH状態に陥っているものですので
COACHステートに切り替えます(あくまで選択肢のひとつですよ)

そして

自分が「好きで得意なこと」は何かを考え、その時間を増やします。

「好きで得意なこと」というと人によっては
「それでは足りなくて、今のパターンでとどまってしまう。
もっと〇〇するとパターンを越えたものになる」という方もいらっしゃいますよね。

そういう方は〇〇も加えて、「好きで得意なこと」を進化させてください。

「好きで」を重視していただいて、それをするだけで満たされる、報酬になるのもいいですね!

これまでのオンライン基礎講座でご紹介した新行動生成も
できるとさらに進化すると思います。

コツはすべての時間を「好きで得意なこと」で埋めようとするのではなく、
少しだけ比重を変えることから始めることです。

実践の喜びを教えて下さいね。

 

追伸
人生の目的に関していくつかのポイントを無料でシェアしています。オンライン基礎講座

関連記事

  1. フローって何ですか?
  2. 仕事の夢
  3. 「考えずにいられない」のですが、感覚につながるには?
  4. 学んでいることを生徒に知られたくないのですが・・・
  5. 日程が合わない日があるのですが・・・
  6. 「どうしたら、キャラを統一できますか?」
  7. まったくの初心者なのですが、ついていけますか?
  8. 「私の人生の目的は〇〇です」と言えるようになります

▼月別ブログ記事

PAGE TOP