┣ NLPのセミナーに関して

12日間の理由

こんにちは、龍全です。

「NLPは10日間という団体が多い中で、12日間かける理由は何ですか?」
とよくご質問いただきますので、今回はそれにお答えしますね。

 

欧米ではNLP(神経言語プログラミング)の基本を学ぶのに20日以上かけることもありますが、
日本国内では10日という団体が多いですよね。

その中で12日間かける理由をおこたえしますね。

 

一言で言うと、あなたの現場でより使えるように、です。

腰を落ち着けた会議室などでのセッションも大切ですが、
本当に大切なのは、ちょっとした場面でどう答えるか、ですよね。
廊下の立ち話や居酒屋でのちょっとした相談。
そういうときに相手の本当の悩みや苦しみが出てくるものです。

そうしたときにNLPを学んだあなたは相手の気持ちが少しでも軽くなるように、
視点が変わるように、何らかのNLPの技法を使うことになりますよね。

そういう場面で、NLPのテキストを持って歩くことは当然ながら少ない(まずない)ものです。

そういう意味で柔軟性が高いことがあなたに求められます。

私のNLPコースでは、そうした場面で応用が効くこと柔軟性が高いこと、を重視しています。

プラス2日間の12日間では、基本をじっくり、時間をかけて学ぶことに加え、
どのような場面でもNLPを活用できるような練習をするために
通常の10日間よりも少し長い12日間をいただいています。

 

これでお応えになっていますでしょうか?

 

メルマガイメージ_中央バナー

 

 

関連記事

  1. 人生の目的を「知る」を越えて
  2. フローって何ですか?
  3. どうしたら、相手が受け入れてくれるような言い方ができますか?
  4. 【今度は書き方!】どうしたら、相手が受け入れてくれるような書き方…
  5. 怖れは手放せる?自分のパターンは変えられる?
  6. 「なぜ、NLPと瞑想なんですか?」
  7. 落ち着いて学べない状況なのですが・・・
  8. 「私の人生の目的は〇〇です」と言えるようになります

▼月別ブログ記事

PAGE TOP