▼【よくいただく質問】

ブログを「ちゃんと書かなきゃ」と感じて書けないんです

ブログを書けない(続かない)理由として

・ネタがない(書きたいことはすぐ終わる)
・ちゃんと書かなきゃと思う

っていうのありませんか?

「書きたいこと」に関しては、
文章術で受賞し、ライターもしている菊池達郎氏
ブログ講座で山ほど教えてもらえますので、
興味があれば、そちらをご覧いただくとして

ちゃんと書かなきゃ、と思う
について、今回は書きますね。

これは伝えたい!と思うほど

・きちんと書かなきゃ
・わかりやすく書かなきゃ
・うまく書かなきゃ

と、プレッシャーを感じまくって
結局、書けなかったり、
思うようなものにならなかったり
しますよね。

私もこうしてブログを書いていると
これは特に大切!という記事もあります。

これは、きちんと書かなきゃ!と感じるような。

そういうとき(大切に感じすぎて書けない)ほど
このテクニックが役立ちます。

実際、特に大切!と思うことを含めて
書き続けられていますし。

それは・・・

1. 何が伝わったら「きちんと書けた」と思うか、を具体的に書き出すこと。
(最初は付箋を使うのがおすすめ)

自分がわかればよいので、付箋でなるべく具体的に
どんな要素が伝わったら、きちんと書けたと思えるか、を書き出し
自分の文章に反映させていきます。

ひとつの付箋にひとつの要素を書き出して
「やっぱりこれはいらない」
「これはぜひ入れたい」
と納得がいくように編集するといいですよね。

書き出すのって結構ミソで、私のようなせっかちは飛ばしがちですが
「これが伝わったらよし」という整理を進めるのは、この段階で
とても大事になってきます。

「書きながら、編集する」と時間が長くかかりますから
「書く」と「編集する」を分けるのがポイントです。

2.「ちゃんと書かなきゃ」の意図を汲むこと

正確に表現したい、のかも知れませんし
言葉を尽くしたいのかも知れません。

その奥にどのような思いがあるか、
(ご自身の)意図を汲んで反映させていきます。

1と2の両方大切。

私の場合は、言葉を尽くしたい、ようです。

エンパシーライティングをおすすめしましたが
(菊池達郎くんが教えてくれます)
結構「この文章でどんな行動を起こしてほしいか」が
不明確なこともおおいので、エンパシーライティングは
やはりおすすめですよ。

質問してもいいですか。

あなたが、書かなきゃと思う理由は何ですか?

 

 

その奥に、どのような思いがありますか

 

 

(書き続けたいとき)どんな工夫ができますか?

 

 

 

関連記事

  1. 新しい習慣を定着させるには
  2. どうしたら、相手が受け入れてくれるような言い方ができますか?
  3. 決意がなかなかできなくて・・・
  4. NLPの基本から学びたいのですが・・・
  5. ブログが続く理由
  6. 落ち着いて学べない状況なのですが・・・
  7. 自分をクリアにする、というのはどういうことですか?
  8. 人生の目的を「知る」を越えて

▼月別ブログ記事

PAGE TOP