瞑想

到達点にワープ、その先を生きるかのように

「先人の積み重ねた発見に基づいて
何かを発見する」ことを、

かつて、ニュートン(科学者)が

「私がかなたを見渡せたのだとしたら、
それはひとえに巨人の肩の上に
乗っていたからです。」

と引用したように、

何かをこの短い生涯で成し得るときに
NLP(神経言語プログラミング)の

「先人の到達点にワープする」

そして、この人生やお仕事を
よりよくしていく

諸技術や学びがとても役立ちます。

昨年、死にかけてから
「この身体にいるうちに」と

いっそうNLPと冥想に
情熱を注いでいるのですが

受け継いで伝授させていただいている
マントラ冥想もそう

頭で手順を覚えて
実習するのではなく

「伝授」という
エネルギーワークによって

洞窟やお寺などで一生をかけて
冥想していた方々の
深い冥想状態、「空」をお伝えし
ある意味、その続きからはじめます。

いまの寿命の数十年で
到達できることは限られていますし

多くは、思わず「反応」を重ねて
「繰り返し」で終わってしまう
こともありますが、

いろいろな分野で次々と、
かつてない未来を創る技術
がでてきています。

冥想においても

最先端、かつての最高点に到達し
この生涯で「その先を」体感できる
この冥想を、この生涯で体験し
はじめていただきたい
と思っています。

(他の冥想においても相乗効果をお感じいただけると思います)

 

いろいろシェアしたいことがありましてね。
またお便りしますね。

関連記事

  1. 鼻歌もサンスクリット語
  2. 「信頼していないことを信頼する」
  3. 問題の処理ではなく、クリエイティブな時間を増やしたくないですか?…
  4. なかなか瞑想できないときは
  5. [NEWS]10月開講コースの日程発表ほか
  6. 源の感覚を深める
  7. ゆっくりと必要な時間をかけて
  8. 「世界平和を決意した途端けんかして」
PAGE TOP