瞑想

なんて、まっすぐなんだろう

あ〜、いまだに笑ってしまう

先週、私のNLPトレーナーズトレーニング
の一部で「ゆる体操」の先生に
来てもらってましてね。

前回の復習+センタリング強化で
2回目の講座をしていただきました。

決定版 ゆる体操 (PHPビジュアル実用BOOKS) 決定版 ゆる体操 (PHPビジュアル実用BOOKS)
高岡 英夫

PHP研究所 2015-08-19

Amazonで詳しく見る by G-Tools

そのなかで、「環境センター」という
技術がありまして
タイトルのセリフを
「感激・感動しながら」
口にするのです。

何かとダジャレなどが入った
「ゆる体操」なのですが、

創始者の高岡英夫先生が
真顔で、こうおっしゃっている姿
が目に浮かんで、思わず
笑ってしまいました。

「ゆる体操」自体は誰でもできる
ように創られたものなのですが、

高岡英夫先生が、
「達人中の達人」だと個人的にも
感じていまして、

本郷3丁目の氏の運動科学総研の
本部にも若い頃からよく通っていました。

究極の身体 (講談社+α文庫) 究極の身体 (講談社+α文庫)
高岡 英夫

講談社 2009-08-20

Amazonで詳しく見る by G-Tools

いまだにそうですが
人前に立ったり、いろいろな方と関わる
NLPトレーナーとして役立ったひとつも
「ゆる体操」。

センターやらブレードやら
いろいろあるのですが、
「難しいことをシンプルに」
発する言葉も効果的に使いながら
楽しく、世界を広げていきます。

NLP(神経言語プログラミング)にも
同じことがいえて

自身が興味があることは
極端な話、24時間探求している
訳ですから、一般的な人よりも
知識も考えも抜きん出ていきます。

そのまま伝えても、相手は当然
理解不能な部分も出てくることも
あるのです。

最初は「全部伝えることが誠意」
かな、と思って伝えるのですが
相手の立場になると
消化不良ですよね。

人はわからないと、しない
というか、できません

なので、歴史上の達人は
自身のテーマとなるものを

なるべくわかりやすく
シンプルにして

伝えるようにしてきました。

南無〜だったり

座禅だったり

そういえば、
ティク・ナット・ハン師も
(マインドフルネスでいっそう
有名になられた禅僧)

「若い頃は難しいこともいろいろ
教えていたけれど、
いまは、呼吸中心の
アプローチをとっている」ように

なるべくわかりやすく
シンプルにして

興味をもった方が
始めやすいように

(ときに笑いながら)
真価を得やすいように

その素晴らしさが広がりやすいように、

工夫を続けているのです。

「ゆる体操」に触れるたび
このことも思い出します。

 

「難しいことをシンプルに」

するプロセスのなかで
その本質に関する理解も
いっそう深まるように思います。

 

ご自身の活動をよりシンプルに
効果的に、他者にお伝えするとしたら
なんと言いますか?

 

追伸

うまく稼働していなかったので
リンク先を訂正しました!
瞑想セミナー&体験会
http://ryuzen.life/seminar

瞑想伝授【後】にも
ご参加者が理解と実践を深められて
よいフォローになります。

グループ瞑想会
http://ryuzen.life/group

関連記事

  1. あなたが、持てる力を大事な場面で発揮するために
  2. 最後のピース
  3. 問題の処理ではなく、クリエイティブな時間を増やしたくないですか?…
  4. 新プロジェクトを始めます
  5. スポーツの世界でも「楽しみながら望む成果を出す」
  6. とらわれない心身をつくる方法
  7. ゆっくりと必要な時間をかけて
  8. NLPを学ぶ方法

▼月別ブログ記事

PAGE TOP