▼【よくいただく質問】

ブログが続く理由

こんにちは、龍全です。

最近、龍全はブログをよく書くなぁと思われていたら正解!です。

最近でこそ、だいぶ書けるように(キーボードを打てるように)
なってきたのですが、数ヶ月前の退院直後はキーボードが
どうにも打てずに「口述筆記」で家内にお見舞いのお礼を
打ってもらっていました。

自分で打つとどうにも誤字が多く、
Facebookメッセンジャーで
やりとりをする方々には許してもらって
本当にありがたいと思っています。

よく視えない、違うところを打ってしまう。

これが何ともストレスでして。

途中で”ムキ〜!”(おさるさんです)と
なってしまって打ち直し(笑)

どうにも進みませんでした。
家内に依頼して口述筆記スタート。

でも、言葉で説明するのは難しいものです。

いや、それはこうで。。。

あの、その、と試行錯誤を繰り返し(家内も大変です)

お蔵入りの原稿もいくつか。
どうにか口述筆記で悲願のステップメールを再開し
毎日動ける時間を費やして、ブログも形になってきました。
そういう日々を繰り返し

そして、なんと!ステップメールが完結!

何年も取り組んでは終わらせることができずに
おりましたので、大河ドラマのようなステップメールの
完結には特別な思いがあります。

おわった〜、おえられた〜、あ〜嬉しい〜

毎日のように「その後」を送りつけますので
受け取る側は終わった感がないとは思いますが・・・

それでも、嬉しいものです。

(近いうちに、第2段のステップメールとして
NLPの言語を解説する『言葉の力』篇を
お送りする予定です)

怪我の功名 といいますが

転んでもただでは起きない姿勢、といいますか
何が起きてもベストに転ずるように、といいますか

打てないなら打てないで
口述筆記という、新たな手段で悲願を遂げる

今では「(キーボードを打つのが)早くなったね!」と
言われるくらい、だいぶ打てるようになりましたが

どのような状況でも、
まっさらな目で、
何ができるだろう、と考える。

試行錯誤する。

するといつか道が開けるものです。

ついこれまでの(うまくいった)方法に
こだわってしまいがちですが

大切な目的のために、
同じ方法にこだわず
心を開いて、まっさらな目で観る

このことができたら大きな進展が待っているようです。

追伸
大河ドラマのようなステップメールは
こちらで【 無料 】配信登録できます。ぜひ(笑)
オンラインNLP基礎講座

 

 

関連記事

  1. 「考えずにいられない」のですが、感覚につながるには?
  2. コントロールされてる感?
  3. あなた=X。では、どんな連想をつくりたいですか?
  4. 望む行き先を見出す
  5. まったくの初心者なのですが、ついていけますか?
  6. ついていけますか?
  7. 落ち着いて学べない状況なのですが・・・
  8. ハートを閉ざしたくなるときに

▼月別ブログ記事

PAGE TOP