▼【これからNLPを学ぶ方へ】

コア・トランスフォーメーションのやり方【手順篇】

こんにちは、龍全です。

今回は、NLPコア・トランスフォーメーションの
やり方【手順篇】をご紹介しますね。

とても 大切な変化のポイント をこちらで
整理してお伝えしていますので
よかったらご覧ください。

今回は、その具体的な方法です。

慣れると、ひとりでもできますが
最初はペアで手順をガイドしてもらった方が
プロセスに専念できるかと思います。

人を支援するプロセスでは
いろいろありますし
向き合いたくなかった自分の側面と
向き合う瞬間もあることでしょう。

このプロセスは、慣れてくると
ひとりでもできますので
あなたの課題も感じないふりをすることなく
封じることもなく、深いレベルでクリアできる
ことでしょう。

実は、包み隠す必要のない、癒やしや
気づきのこのプロセスが、
関わる人々にとっても大きな貢献となる
こともあるのです。

では、手順に入りましょう。

1.まず、変えたいことを特定します。

問題解決によく使われる方法ですが
肯定的なゴールにも、考えてもわからない、
その深い意図が明確になっていきますから
モチベーションを高めたり
志の高い仲間を募る上でも
役立ってきます。

何が課題ですか?
何を変えたいと思っているのでしょう。

2.具体的な場面を特定する。

そして、その課題を実感する
典型的な場面はどういった
ものでしょう。

最近のことかもしれませんし
しばらく前のことなのかもしれません。

誰かと一緒なのかもしれませんし
ひとりで強く感じること
なのかもしれません。

いづれにしても
その感情を強く感じる場面
特定します。

3.その感情を強く感じる
身体の部分を特定する。

その場面を思い出し、実感すると
お腹に来るのかしれませんし
背中である感覚を感じるのかも
しれませんね。

あなたは、そのことを臨場感を
もって思い出すと、身体のどの部分
どのように感覚になりますか?

その身体の部分が
これからの会話のいとぐちとなります。

4.(可能ならば)その部分に触れながら
メッセージを伝えます。

「その出来事は、意識的に望んで
起こしている訳ではなく
無意識に起こしているのですよね。

そして、その意図はまだわかりませんが
何らかの意図があって起こしている、
そのことに感謝を伝えます」

5.その部分が「何を望んでいるか」
を特定していきます。

あなたの思考ではなく
その部分が何を望んでいるか、を
体験を重ねながら特定していきます。

ここは大きなポイントですので
[前回の記事]をご参照ください。

そして、根本的に何を望んでいるか
(=コアステート)を特定していきます。

6.コアステートに到達したら
メッセージを伝えます。

このような主旨です。

「何かを獲得したらそのステートを得られる
と思っているけれど、そうではなく、
ただ望んでいるステートを体験すればよいのです」

最初は訳がわかりませんが、
コアステートに到達すると
よくわかるメッセージなのです。

7. コアステートを強化しながら
望んでいるものを逆戻りしていって

最後に、変えたいと特定した
あの課題に戻ります。

まるでUの字を描くかのように
コアステートから反転して
逆戻りしていきます。

「存在のあり方として(コアステート)
であることで、ものごとの感じ方、
対処はどう変わりますか?」

未来全般がどう変わっていくかをイメージ
した後、ひとつひとつ塗り替えていきます。

「存在のあり方として(コアステート)
であることで、(ひとつ上の望んでいること)
はどのように豊かに変化しますか?」

という質問を、変えたいと特定した
あの課題に戻るまで続けていくのです。

コアステートの感じ方が鮮やかなほど
最初の課題への感じ方も
大きく異なることでしょう。

これが、中心的な段階で
デモンストレーションで実際に見ると
もっと簡単に感じるかもしれませんね。

どのような課題でも、気づきにあふれた
よい機会にしていただけることでしょう。

一度覚えると、生涯に渡って、ひとりでもできますし、
さまざまな課題を開くことが可能です。

よかったらこの機会に、
体得なさっておいてください。

>> NLP入門講座(コア・トランスフォーメーションセミナー)

 

関連記事

  1. 源の感覚を深める
  2. 3つのプレゼント
  3. 【冊子プレゼント】ブッダの説いた幸せになるための8つの方法
  4. 【鹿児島開催】集中力講座
  5. 一度も疲れたことがない!を仕事場で実現
  6. NLPと本_9(これからNLPを学ぶ人へのおすすめ本)
  7. 「真のパフォーマンス」論
  8. NLPを学ぶ方法

▼月別ブログ記事

PAGE TOP