▼【これからNLPを学ぶ方へ】

内なる[梵天]があなたに呼びかける

瞑想とは、深く見つめ、耳を傾ける時間をもつことです。
それによって、あなた自身の本性に触れることができ、
怖れや分別をすべて手放すことができるのです。

ーティク・ナット・ハン 

こんにちは、龍全です。

先週、久々の高野山からオンラインでのリトリートをお届けしていました。



何だかとっても嬉しかったですね〜。


久しぶりに訪れる高野山も、
オンラインながら一緒に座ってくださる方々とのつながりも何とも嬉しい。

このリトリートでは一晩中冥想する方もいらっしゃるのですが
(必須ではありませんよ)

「数分の冥想も気が散ってできないのに、一晩中なんて」と
思われることも起きがちな反応ですよね。


今回のメンバーは、冥想を重ね、自然体で
リラックスして冥想に取り組んでくださっている方が多いのですが、
あらためて、冥想のコツといいますか

最近「冥想のモチベーション」をご質問いただいたときの話を
シェアしていたんですね。


くつろぎの話。


あ、そうだ。毎週日曜朝の冥想会をFacebookでライブ配信していますので、
そこでもお話するようにしますね。

よかったら来週の回に(10月17日)ご参加ください。
https://www.facebook.com/nlplc



今日の本題に行きますね。


「なぜ、NLPを伝えているのですか?」
というご質問から思うことを書き綴っています。

前回は「梵天勧請(ぼんてんかんじょう)」の話でした。


冥想を重ね、悟った釈尊に
その悟りをひろげるように要請する梵天の願いを
最初は断った話でしたね。

何度も願い、ついにその願いを聞き入れて、そこから立ち上がる訳です。



具体的な方法はまだわからなかったとしても

行く道にどんな困難が待ち受けていたとしても

そのコーリング(召命)に応え、歩きはじめる



これって決して他人事ではないと思うのです。


内なる梵天があなたに呼びかける

「どうぞ、立ち上がってください」と



もちろん、釈尊と比べるものではないですし、
謙遜される方も多いと思いますが、

対人支援のお仕事をされている方は
その困難さと何ものにも代えがたい喜びの
両面を実感されているかと思います。


そうした方々を深く癒やし、鮮やかに喜びを喚起、
いかんともしがたい状況においても、

しなやかな対応を生み出す柔軟性、創造性をのばしていく
その具体的なツールとして、

NLP(つながり、変化の技法)をお伝えしていますし、
これからもいっそう、そういう場にしていきたいと思っています。


マインドフルネスNLPの習得が進むにつれて

ものごとの感じ方が豊かに変わってきている
ことに気づき

リラックス感が増し

他者との関わりもその人に合わせた工夫が
いっそうできて

あなたの「魂の目的」とも言えるものが
よりはっきりし、その実現が日々進んでいきます。


こうした成果、未来のあなたの姿に
ワクワクしていただけますか?

絵空事だと思いますか?



そのプロセスで、「難しい、変われない。。。」と
絶望感、無力感、無価値感を感じることもあるかも知れませんが


大丈夫



やり甲斐のある、喜びと感謝の道でもありますよ。


冥想とNLPも習得するほど
あなたの心強い味方になってくれます。



10月16日(土)に通算87回目の場が開きます。
よかったらご参加くださいね。
お休みの回があってもフォローがあります。

どうぞご安心ください。

▼具体的なコースの内容は

関連記事

  1. aha!とahahaha(笑)
  2. (無料)NLPオンライン講座
  3. 何を目指して?
  4. 至福に導かれて
  5. 強みを見つけ、伸ばしたときの話(の続き)
  6. 違いをつくる違いを体験する
  7. 人生の”流れ”への信頼感を上げていく
  8. 何とか変わりたいと、もがいていたとき
PAGE TOP