▼【これからNLPを学ぶ方へ】

後世への最大遺物

この子に何を遺せるのだろうか

遊んでいる子を見て
ふと、そう考えるときってありません?

大してお金を遺せるわけでなし
事業家でもない
本を書くほどの才能もないに違いない

でも、この子の幸せを願って
何かをのこしたい

時間も体力も限られていることを
実感したときに

「遺せるものがあったとしたら
自分は大切な人に
何を遺したいのだろう」

と考えたことがありましてね。

興味を持って買っておいた本が
山積みになっている、という方も
いらっしゃるのではないかと
思いますが、

一冊だけ、おすすめしたい本が
あるのです。

それが、これ

後世への最大遺物・デンマルク国の話 (岩波文庫) 後世への最大遺物・デンマルク国の話 (岩波文庫)
内村 鑑三

岩波書店 2011-09-17

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

「随分、前の人のようだし
読むのが難しいでは?」と思われる
こともあるのですが

筆者の講演録ですから
まるで会場にいるかのように
笑いをまじえながら
話し言葉で進んでいきます。

70ページもない文章ですし
メッセージにつれて浮かんでくる
疑問にも答えながらですから
興味深く読んでいただけるのでは
ないかと思います。

もうすでに読んだ、あるいは
このことについて考えたという方も
いらっしゃることでしょうが
成長する今、考えてみると
深化している部分もあるものです。

人生レベルの「編集」になりますし
いっそう芯が通って
生き方がシンプルになりますから
よかったら、この本を読んだ後
この問いに取り組んでみてください。

 

あなたが、最も後世に遺したいものは何ですか

 

関連記事

  1. NLPと本_10
  2. とらわれない心身をつくる方法
  3. ベストを提供するためにも環境の力をかりる
  4. スポーツの世界でも「楽しみながら望む成果を出す」
  5. NLPと本 
  6. 以前からしたかったこと
  7. 「神の慮り」
  8. 「なぜ、NLPと瞑想なんですか?」
PAGE TOP