▼【NLP経験者の方へ】

世界史が好きな理由

こんにちは、龍全です。

今でこそ世界史が大好きでよく本も読んでいますが、
もともとはあまり好きな教科ではありませんでした。
そういう教科ってありますよね?

もう随分昔。

高校生のときに、世界史の担当をしている一人の先生が、
単位合わせのために参加していた私にこう言ったのです。

「クレオパトラは本当にアントニウスを愛していたと思う?」

クラス中で議論になりました。

政略結婚でクレオパトラは
アントニウスを好きになったフリをした、
という人もいれば
本当にアントニウスのことが好きだった、
という人もいました。

 

数十分経ってから、先生がこう言ったのです。

「それがあなたの恋愛観です。」

それを聞いた私は
え〜、正解ないの?!」と感じたのを
よく覚えていますし、やけに腑に落ちたことも覚えています。

それまでは、世界史は年号や出来事を覚え込むもの
という意識が強かったので余計かもしれません。

先生はそれから歴史は人間が創るということ、
その年号の奥には人の思いがあるということ
について聞かせてくれました。

以来、40過ぎても「世界史」と書いてあれば
買ってしまうほど世界史好きになってしまいました。

いまも、出来事の奥にある人の思いを読んでいます。

 

なぜ、それを学ぶのか、その理由。
それがその人の生涯に及ぼすものを考えるのは
NLPトレーナーになった今も変わらないようです。

 

メルマガイメージ_中央バナー

関連記事

  1. 人生の測り方
  2. パターンにワンパターン
  3. 本を読むのをやめたとき
  4. 何度もする理由
  5. 魂の目的は、価値を感じて、達成したことがないこと
  6. できないから、大切さがわかる
  7. NLPで「限界を身体に刻む」
  8. 今の仕事を続けるために
PAGE TOP