▼【NLP経験者の方へ】

どうしたら思い上がりを防げますか?

もう10年以上も前のことですが
”どうしたら、思い上がらないで済みますか”

とお世話になっていた先輩NLPトレーナーに
聞いたことがあります。
実績も内容も素晴らしいにも関わらず、
謙虚さを貫いている姿に感動したのだと思います。

今も書籍数、セミナー開催数ともに素晴らしい。
かたや、私は思い上がりの塊(笑)

入菩薩行論(にゅうぼさつぎょうろん)
という生き方を説いたお経があって
思い上がり(慢心)の種類が書いてあるのですが

私をご覧になりました?(^^)

と聞きたくなるくらい的確に思い上がりについて、
詳述されていました。

で、冒頭のような問いになるのです。

先輩トレーナーが挙げてくださった名前は
失念しましたが、

自分が足元も及ばないような人を念頭に置く

という要点は覚えています(あくまで、そのつもりですが)。

なるほど、自分の経験や実績も及びつかない人を目指す
のであれば、思い上がっている暇はないな、
と感じたのを覚えています。

私の場合は、空海の師匠の恵果和尚(けいかかしょう)。
ここで詳しく書くことは控えますが

分かれていた仏教を統合し
唐の時代、(中国の)皇帝はもちろん
3,000人以上のお弟子さんを持っていた方で
お人柄も素晴らしい。

空海との心のこもったやりとりも
涙なしには読めないという方です。
(空海はもちろんですが)
師匠の恵果和尚の存在によって

心から、

「いえいえ、まだまだです。」

と言えます。

あなたの場合は誰でしょう?

私も気がつくと思い上がってしまうなぁ、
と思われる方とともに頭においておきたい、
という拙文でした。

私の場合、情熱だけで、
実績も経験も本当にまだまだですが(笑)

関連記事

  1. 後悔していること
  2. 展覧会の楽しみ
  3. 望む行き先を見出す
  4. 魂の目的を思い出し、喜びと感謝に生きる
  5. ロゴに込めた思い
  6. あなた=X。では、どんな連想をつくりたいですか?
  7. お茶を楽しんでいますか?
  8. 人生の測り方
PAGE TOP