▼【NLP経験者の方へ】

NLPで「信じる力」を増す

こんにちは、龍全です。

最近でこそ、山梨の自宅から東京のセミナー会場に
バスでひとりで通えるようになりましたが

半年前まで集中治療室で
何本もチューブがつながった状態でしたので
(正直、意識はありませんが)

集中治療室を出てからも
自分の「筋肉の衰えた体の細さ」への驚きはあっても
歩ける日が来るとは露とも思いませんでした。

車椅子に乗れて移動できたらラッキー!

復活は信じていましたが
当時はへろへろで寝たり起きたりでしたから
ベッドから起き上がれるとは思いませんでしたね。

当時のリハビリの先生が

「まっすぐ歩けるようにトレーニングしましょう」

そういうのを聞いて、

「いや、あの・・・歩けませんから」

そう感じたことをよく覚えています。

毎日、廊下をフラフラしながら

(マインドフルネスを実践しているので
どの足が、どういう風に力が入って
どうフラフラするか、はよくわかります(笑))

いろんな器具もつかいながら
一歩一歩、往復していました。

長かった・・・(というか長く感じた)

このリハビリの先生が、

車椅子を目指す

とひとこと言えば、
そういうもんか、と思ったと思います。

当時はそれでも挑戦でしたし。

本人が信じる前から可能性を信じる

このことはとても大事だと
あらためてこの瞬間に感じました。

(例えば)この人は必ず歩ける、って。

困難な状況にいると
自分さえ(こそ)信じられないときが
ありますしね。

そういうときに、信じてくれる
(可能性をみて、知ってくれている)
存在は本当に力になります。

根拠なく、信じてくれる存在が
ひとりでもいてくれたら
その方の人生はいっそう大きく開いていきます。

マインドフルネスNLPコースでは
どうしたら「人を信じられるのか」

精神論ではなく、構造からご紹介します。

人を応援するお仕事をされている方、
関わる方の笑顔を力にされる方には
とっても大切な要素ですよね。

もちろん、私自身もまだまだ完璧では
ありませんが、NLPを始める前よりは
人を信じられる比率が上がったように思います。

「人を信じる力がます」

これは、時を越えた財産のように感じます。

 

追伸1
龍全によるオンライン基礎講座

追伸2
今すぐNLPの学びを深める NLPコース説明会

関連記事

  1. 流れを変えるとき
  2. 感覚を言葉にする
  3. 人を幸せにするものは何か?
  4. 質が変わる
  5. お茶を楽しんでいますか?
  6. 後悔していること
  7. 現実世界でいかに実現するか
  8. 大切なものを手放したときに

▼月別ブログ記事

PAGE TOP