マインドフルネスNLPコース体験説明会

[継続力]どうしたら続けられる?

こんにちは、マインドフルネスNLP®の龍全です。

毎朝、ウォーキングしながら、講演会や勉強会での諸先生のレクチャー音声を聴いているのですが、今朝ながなが聴いてきた(大変勉強になりました)ものが最終回を迎えましてね。感慨ひとしおなんです。

この勉強会の音声、1回1時間半のファイルが47!もありまして、私としては大事業だったんです^^ 

いつかは聴きたいとは思ってたんですよ。でも、10年?15年?先送りしまくり。


他にも続けることができてることが、昨今いくつかありましてね。
当たり前ですが(^_^;) 朝晩、冥想して読経してますし


冥想✕NLPの成果だなぁ〜とつくづく思うのです。というのも「続かない」ということに長く悩む、というか、そんなに深刻に捉えていた訳ではないのですが、遥か昔の中学生の頃から


「もっとコツコツできる人間だったら、いろいろ変わってたのになぁ〜(でもできないけどね)」


と遠くを見るような感じで、勉強も宿題も何かと一夜漬け、どころか朝起きてからの浅漬、ときには、宿題は聞かなかったことにして無視(笑)してました(あなたもですか^^)。

なので、継続してる自分に誰よりも自分が驚いてるのです。


なんで続けることができてるんだろう?と、先日あらためて考える機会がありましてね。

冥想で内なる静けさや気づきの力を増すことを土台に

NLPの「モチベーションストラテジー」などによって、望んでいるゴールを思ったときに(無意識に)何が連想されるか、を影響の大きいところ!と更新してみたり、「コア・トランスフォーメーション」などによって意図を深堀りすることで「肯定的意図」を理解したり。。。


わからないなりに、人の心への理解を深めていくというのでしょうか。

 

人がなぜ動けたり、(いいことだと思っても)止まったり、ときには逆のことをしてしまうのか(ダイエットしたいはずなのに食べまくったり、良い関係をつくりたい相手に傷つけるようなことを言ったり。。。)

 

こうしたことにより深く理解が進んでいったということ


そしてときに襲いかかる苦難をクリアしながらも進んでいくズバ抜けた人々のモデリングを重ねてきていることが、ときには瞬時に、ときには薄紙をはがすように、役立っているように思うのです。

何か上手くいかなったときの解釈力も違ってきてますし。


昨夜の星空の冥想会でご紹介した「玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)」のその一人。



『西遊記』のモデルとされる玄奘三蔵。彼の偉業はもちろん、どんな思いがその偉業につながったのか、プロセスではどんな悩みがあったのか、どうやってクリアしていったのかに触れることができます。


マインドフルネスNLP習得のプロセスであなたは
誰よりも自心を知り、価値観を深く理解し、無理なく自然に嬉しい変化をしていくことができます。


こうした ズバ抜けた先人からの学びを別次元まで高めてくれる[NLP]と
内なる静けさを深めてくれる[冥想]を
この人生を最高最善に生ききるために、よかったら取り入れてみてください。


まず、[自分の心を整える]ということ
そして、関わる方へのサポートの力を伸ばしていく
マインドフルネスNLP®コースの体験説明会を開いています。

日程は下記リンクでご確認くださいね。
http://nlpcoaching.jp/setsumeikai/

オンラインで参加できる体験説明会を開催中


なお、”龍全”を見てみる、知っていただく機会としては、
Facebookグループ https://www.facebook.com/nlplc でも
・日曜朝の冥想会(日曜9時〜)
・星空の冥想会(火曜22時〜)
を開いています。

関連記事

  1. 冥想はDoingではなく、Being
  2. 何とか変わりたいと、もがいていたとき
  3. 「なぜ、冥想するのだろう」
  4. 多くのタスクをこなすのではなく
  5. 「楽しみ」のなかで学べるという感覚を磨く
  6. 慈悲と智慧を開く
  7. なぜ、NLPに「ゆる体操」か?
  8. 収録動画を観ていて
PAGE TOP