▼【これからNLPを学ぶ方へ】

ビジョンを伝える言葉の力

こんにちは、龍全です。

前回の
「強みを見つけ、伸ばしたときの話」

では、苦しい状況が開けていった
3つの「強みへのフォーカス」の
1つ目「読む」ということに
ついて、聞いていただきました。

相変わらず、
先週末もこの「読む」を
磨いてました(笑)

TORAEL英語最速理論
英字紙が2日で読める英語特訓

に参加。まだまだ拙いレベルですが
毎朝 Wall streeet Jarnal.を読めています。
自分にとっては大きな進歩。

米国発祥のNLP(神経言語
プログラミング)は洋書も多く、
読みたい文献が山積みになって
いましたが、これでだいぶ進みそうです。

「強み発見、伸展」の話を進める前に

NLPコースでもシェアしていること
なのですが、

自身の魂の目的を発見した後
その目的をひとりで成すのなら別ですが

そうではなく、
他者の力も借りながら
実現するのであれば、

その目的を実現したシーンや、
なぜ実現したいのか
その実現が何につながっていくのか

などを支援してくれる人に
語る(共鳴を呼ぶ)必要性が
でてくるものです。

 

たいてい本人が語るに語れない
感覚に根ざしていますので

「どうしたらそうした言葉を
磨いていけるのか?」

について、とっても参考になる
動画がありまして
(ここで語れる2つのポイントには同感)

おつきあいいただけますか?

「ビジョンを伝える言葉の力」

リンク先の「こうした体験」に根ざした
思いが未来を開いていきます。

演者も今では自分の選挙区での演説よりも
応援演説の方が多いくらい。

「聴くだけで自信がつく」シリーズの
平山コーチもこうした強い思いがある
からこそ、「自身でなかなか気づけない」
ことも気づけ、向き合うことが
できているのだと思います。

平山コーチの講座が3月で
東京であるようです。

彼はコーチングがうまいので
楽しく相互に話しながら、大切な気づき
持って帰れると思います。

人生全体で大きな違いが生まれることでしょう。

ご興味があればぜひ。
愛され力がUPするモーニングセッション

 

関連記事

  1. スポーツの世界でも「楽しみながら望む成果を出す」
  2. 「何をしたか」よりも「いつ始めたか」
  3. 何を目指して?
  4. 「楽しみ」のなかで学べるという感覚を磨く
  5. 「なぜ、NLPと瞑想なんですか?」
  6. 〜が足りない〜できないと感じるときほど
  7. 強みを見つけ、伸ばしたときの話
  8. [最新情報]記念となるコースを開きます
PAGE TOP