冥想

アイデンティティレベルの変化に導く冥想

こんにちは、龍全です。

おとといの夜に月イチのオンライン冥想会を開いていまして、ご参加くださった方々に冥想での【 嬉しい変化 】をお聞きしたんですね。

すると口々に聞かせてくださったのが、
これまでは思わず感情的に反応してしまうことが起きても


【 静けさ 】をもって、善悪の裁きなく観察できている自分がいる


ということなんです。


素敵じゃないですか〜。


思わず、聞くほどに嬉しさと敬意が増します。


もちろん人間ですから、失敗することや思わず感情的に反応することもあるのですが、それも長引くことなく、心静かに、あるがままを観られることが増えた、と。


人はついつい、自己批判的な思考や感情に囚われてしまうものですが、善悪の裁きを越えて、あるがままを観られるようになっていくということ


そして、慈悲・無条件の愛を養っていくこと


本当に美しく、尊さを感じます。


みなさん、昨日今日はじめたばかりではなく、早いもので数ヶ月、数年!取組んでくださっている方々なのですが、冥想の経験が深まるほど、顕在意識もリラックスや呼吸を覚え、一回一回の冥想が深まっていくように思うんです。まだ冥想の習慣はできてないよ、という方はどうぞ始めてみてください。

下記の本で紹介されている「良い習慣の身につけ方」もおすすめです。


最近ご無沙汰だけど、昔、ライフ・イズ・ビューティフル(冥想とNLPの稽古場)のメンバーだったよ、という方も新たなマントラ冥想で取組んでみてくださいね。まったく感覚が違いますから^^


【 静けさ 】の話に戻りますね。


なぜ、【 静けさ 】が深まるのか、人によって異なるのでしょうが、私は、アイデンティティレベルの変化 に関係すると思っています。


無意識に、あたりまえのものとして「わたしはなにものか」と思っているか。


例えば

日常の中で何かしらの問題があるとき
「こうした問題がある」「(私は)こういう問題を抱えている」と対応策をあれこれ考え、解消・軽減を図っていきますよね。


とっても効果的なものもあれば、なかなか難航するものもあるかも知れません。


日々、冥想していくなかで、状況自体が嬉しい変化をしていくこともお聞きしてきましたし、ご自身の集中力が上がったり、創造性が増していったり、行動/能力レベルで望ましい変化も起きてくるでしょう。


そのなかで最もインパクトが大きいのは

そして

私が人さまに意欲的に冥想をおすすめする理由になったのは


この「アイデンティティレベルの変化」



わたしはなにものか 



を思い出す、あるいは更新する作用なんです。


自分の身体を離れた(と感じた)ときに

そのリラックス感、静けさのなかで 自然に思った

(よく読んだり、聞いたりしながらもわからなかった )

あの感覚 

なかなか言葉にはできないのですが、


自分が波に揺られる小舟なのではなく、大きな河でもある ということ


地球に生きている 分け御霊 であること


その後に、「在り方」が変わると自然にその表現、生き方、やり方も変わってくることを実感しました。



冥想伝授のページで、死にかけたときの体験の話を書いていましたね。

なぜ今、冥想伝授に取組んでいるのですか?

elm冥想について



冥想した「途端に」「一朝一夕で」とは言いませんよ。でも弘法大師もおっしゃるように「即身」、両親からもらったこの身で、そこに行きたい。その感覚を思い出したい。


それにつれて、集中力・創造性はもちろんですが、内なる【 静けさ 】が広がっていきます。


実践のシェアをお聞きするたび、こうした思いが、単に理想論ではなく、【 嬉しい変化 】として、その人のペースで、実感、実現が進んでいる、ことがとっても嬉しいのです。


よかったら、あなたもこうした取り組みにご参加くださいね。


水曜夜の冥想会、次回は10月27日(月イチ開催)予定です。

詳しくはこちらをクリックなさってください⇒ https://nlplc10.peatix.com/



無料で参加できる40分のショートバージョンも毎週日曜日の朝9時から開いていますので、お試しに、あるいは継続的な稽古場としてご活用ください。

Facebookグループで 無条件の愛、「空」の智慧をひらくをテーマにしたサンガ/コミュニティを開いていますので、よかったら「いいね!」してご登録ください。

関連記事

  1. 日本初開催!クリーン・ランゲージ【PROモデル講座】会場からイン…
  2. すべてはひとつのテーマへ
  3. 到達点にワープ、その先を生きるかのように
  4. 熊野詣とハリファックスさん
  5. 流れへの信頼を深め、貢献して生きる
  6. 流れへの信頼
  7. 今、その瞬間ならではの学びがある
  8. よりしなやかなシフトへ
PAGE TOP