冥想

ファンが生まれる理由

こんにちは、龍全です。

富士山リトリートの最終日。
近くで、このゴールデンウィークにパン屋さんのオープンがありまして、ぜひ寄りたいと思っていたのです。

パンが好き!という以上に、このお店のオーナーは冥想仲間で、数年前、タイのチェンマイで冥想に明け暮れていたとき、仲良くお話させていただいた方なのです。

そのときに、彼女のパンにかける情熱といいますか、妥協のないクオリティの追求、心身を注ぎ切る姿勢に感動しましてね。惜しまれつつもながくお休みされていたのですが、再開するときにはぜひ!と思っていまして、今回お伺いできることをすっごく楽しみにしていました。

昼過ぎに富士山リトリートは解散。迎えに来てくれていた家族とともに、そこから河口湖の湖畔に位置する今回のお店<パン工房 パンディアン>まで15分ほど。

ナビが示す場所についたのですが、あたりを見渡しても、どうにもパン屋さんは見当たらず、チャットでお店に、どこにあるの?と問い合わせすると・・・上にありました。

確かに、お洒落な小さな看板がありました。

そして、なんとも素敵な古民家。

数年ぶりにも関わらず、店に入った途端「龍全さん!」と名前を呼んでくださって嬉しい再会。

パンも期待に違わぬ美味しさ!

他にも米粉のマフィンや酒蒸しパンも美味しくて子どもたちが奪い合いでした。

Facebookでの記事によりますと

薪窯で焼く自家製酵母です。
スペルト小麦、ライ麦、米粉、地粉を使い、
無農薬の素材で焼き上げます。
小さな工房なので、大量には焼けませんが
炎と対話しながらワクワクを大切にして、
みなさまにお届けできたら嬉しいです。

サンドも美味しそう。また近いうちに来よう・・・と胸に誓っています。

<パンディアンFacebookページ>
https://www.facebook.com/pandians257

お人柄も素晴らしいのですが、このパンのクオリティの高さ、思わずにじみ出るストーリーが多くのファンを作ることを実感しました。

ちょうど今、私も専門分野(NLP×密教)での<圧倒的なクオリティ>を目指して、遅い歩みながら、取り組んでいる最中ですので、パンを食べながら鼓舞される思いでした。

他のNLPトレーナーさんや僧侶も素晴らしい方が多いですから、誰とも比べることなくなのですが、私が思う<圧倒的なクオリティ>とは何か?を自らに問い続けながら、探求をグンと進めます。

これから/久しぶりに場に来てくださる方も
ご自身の存在、可能性は、ご自身が思ってる以上にはるかに大きいことを実感されていくことになると思います。どうぞ楽しみにいらしてください。

追伸

メールとLINEでマインドフルネスNLP®の基礎講座(無料)をお届けしています。NLPトレーナーとして学んだこと、感じことのエッセンスをお伝えしています。

友だち追加

関連記事

  1. 人生の”流れ”への信頼感を上げていく
  2. 「最後の講義」
  3. 自己否定を越えて、養う感覚
  4. 12月「しなやかな強さを養い、運を開く冥想会」は
  5. 冥想を続ける理由
  6. 忙しいときほど、心を静めるには?
  7. [NEWS]10月開講コースの日程発表ほか
  8. 自分をクリアにする、というのはどういうことですか?
PAGE TOP