▼【 忙しさを成果に直結させる方法】

忙しさを成果に直結させる方法

集中力講座

「充実感のない成功は失敗だ」
ーアンソニー・ロビンズ(世界一のコーチ)

 

こんにちは、龍全です。

「忙しい」が口癖のあなたのために
忙しさを成果に直結させる方法を始めましょう

 

これからご紹介する集中力講座を通してあなたは
忙しさがぐんぐん減っていき、心は心地のよい静けさをもちながら、
望む成果をあげ、充実感を得られることでしょう。

私も以前は「時間がない」が口癖で、to doリストが山積みでした。
いくらスクロールしても終わらないほどで、終電になっても
仕事が全く終わる気配はなく、翌朝終わりのない続きをひたすらするのみでした。

好きな仕事ではあったけれど、忙しい割には成果が伴わない、達成感を得られない、
そのような期間が長かったように思います。

 

携帯のメールをはじめ生産性を上げるためのツールは日々増えているのに
忙しさは日々増していき、充実感は反比例して感じられない。
ゆっくりしようと思っていたリゾート先でも携帯をチェックする。
そんなあなたにもこの記事を読むことで忙しさを(日々減らしながら)
成果に直結させる方法を体得していただければと願っています。

 

元々は活躍の場が広がっていて忙しさを極めているビジネスパーソンの
クライアントさんのために、このような集中力講座を開発してメールしたのが始まりです。

 

【”やるべきことができている”満たされ感が得られます】

返信が必要なメール、読みたい本、まとめなくちゃいけないレポート・・・
「大切なことは、大切なことを大切にすること」
わかっていながらも追われる日々。それはあなただけではありません。
内なる静けさから、為すべきことを見極めて、時空も歪むほどの集中力を
発揮できるようになりたくありませんか?
そこで、マインドフルネスNLP®ならではの集中力トレーニングを開きます。

構造はシンプル。

簡易版ビジョンタイムライン+瞑想+ポモドーロテクニックを使います。
なにそれ?と思われるでしょうが、ちょっとした工夫で生産性は飛躍的に上げられますし、
やるべきことができているという
”満たされ感”も得られます。お楽しみに。

 

多くの方が受講してくださって、忙しさを極めている方々が喜びの言葉を
寄せてくださいました。

 

大切なことを大切にしてるつもりで、してなかったことに気づく機会でかつ、大切なことを大切にするという行動に移せるきっかけとなりました。このタイミングで受けられたことに感謝です。ありがとうございました。

すごーい‼︎感激です。これ、ものすごい効果です!龍全さん、ありがとうございます!

「丸1日ないと出来ない」が「6時間で出来る」に変わりました。そして多少予定が変動しても変な焦りがなくなりました。今も心穏やかです。良いステートの状態で実際に仕事をしたことでその感覚が強くアンカリングされています!

龍全さん、ありがとうございました。半日とってもできるかなって思ってたことしばらく手付かずだったのですが、この50分でそれを済ませた上にプラスアルファもできて、5分余りました。50分でできることの多さにびっくりしました。そして今まで僕は何をしてたんだ〜?って感じです。早い段階でこの講座を受けられて本当に良かったです。

あれやって、これやって、そしたらこれも・・・うわー、もうめんどいわーと取り組み始める前から混乱して結局やれない、という状態だったのが、今日はステートとタスクの選択をした段階から「はやく取り組みたい!」になって、講座あとには、「アタマすっきり、今日はずっとやりたいことをやれるだけやれたなぁ!続きをまたやるぞー」な感覚を味わえました。「拡散と集中」というコツが、自分の悩みと解決策がセットになっていてすごく腑に落ちました!

 

お一人お一人が本当にお忙しい方なので、このような喜びのコメントを
寄せていただけて嬉しく思っています。

 

特に、魂の目的(人生の目的)を生き始めた多くの方は、
既存の仕事と魂の目的に沿った活動のダブルになりますので、
深く得心して仕事を整理し、忙しさを軽減するまで、
この集中仕事術はとても大切になってきます。

 

続けて次回、NLPビジョンタイムライン始め具体的な実践方法と、
よくいただくご質問をご紹介しますね。

 

追伸
時間はないけど、人生の目的を生きたい方へのノウハウ満載です。無料NLPオンライン講座

 

 

関連記事

  1. NLPと「味わう生き方」
  2. 忙しいときほど、心を静めるには?
  3. 忙しさを解消したきっかけは?
  4. 忙しさを成果に直結させる方法_2
  5. たったひとつのこと
  6. あなたの「忙しい」の本当の理由は?
  7. あらゆる動きが瞑想になる方法
PAGE TOP