本質からつかむYOGA哲学講座[ヴェーダからヴェーダンタへ 篇]

この講座は、6回のオンライン講座を通じて、今も世界中で影響力の大きいヴェーダとヴェーダンタを扱います。流れ、ポイントをおさえ、その背景にある世界観、仕組みを構造的に頭に入れ、理解を深めることができます。

<実際に参加してみて>

このテーマでは初の開催ですので、[ヨーガ・スートラ篇]にご参加くださった方々のお声の一部をご紹介します。

 「物事の真理・本質をひとつのアプローチに固執せずに複数の見方で学ぶことの大切さを知ったように思います。色んな点が繋がって、理解が深まり、そんな実感を持ちました。また、赤座さんのメタファーがとてもわかりやすかったので、一見難しそうな内容も入ってくるようになり、また龍全さんの問いの投げかけが理解を進めてくれる素晴らしい講座でした。」

 「ヨガと冥想がどのように関係しているのかが気になり受講しました。ポーズをとるヨガはYOGA哲学全体の一部。物理、脳科学、量子力学、解剖学の豊富な知識で、ヨガ哲学と瞑想についてお話してくださったので、今まで不思議と思っていたスピリチュアルな経験が怪しいものではなく、しっくりきました。赤座さんのお話は濃くて、毎回今までのモヤモヤに気づくことがあり、ドキドキしつつも、ワクワク受講していました。」

 「見えないものが見える楽しさをいただき、例え孤独になったとしても自分の中(外?)にちゃんと自分自身を見ているものがいることを実感すると、何をしても恐れはなく、進んでいけるなぁと思いました。また、最近オンラインで色々と学ぶ告知が増えたので、その基準を考える発見もありました。美しい言葉、視座をあげてくれるような学びの場所を選んで精進していきたいと思います。」

 「毎回学びの宝庫でした。自分のこの経験は、このことを体験していたのか、との気づきや、点で理解していたことが線や面への理解に繋がったりと腑に落ちたことは大きい収穫です。新しい概念に出会ったことは、とてもわくわくします。今のこの転換期に、今回の講座を受けられたことは、生きる大きな支えとなってくれています。生きることはやはり楽しいと感じさせてもらっています。」

  「古くから、人が変容するために必要なプロセスが、こんなにも明確に示されていたことにとても驚いたし、出会ってきたものが、結局はこの一部に過ぎないのではないか、ということに希望も感じた。しっかり学べたのは、やはり、赤座さんの講座だったからだと思う。さまざまな科学を散りばめて、現代に当てはまるように解説されるので、言葉に説得力を感じる。物理学、量子力学の世界では私が今まで当たり前だったことが当たり前でなかったり、様々な前提が崩れていき、世界の観方がすっかり変わった

メイン講師の赤座綾さんとともに、「マインドフルネスNLP(冥想×NLP)」を主宰する龍全(りゅうぜん)が理解と実践が進むような解説、問いかけなどをしていきます。

<開催概要> すべて20時〜22時

1回目:9月24日
2回目:10月8日
3回目:10月22日
4回目:11月12日
5回目:11月26日
6回目:12月10日

会場:オンライン(参加者にURLをご案内します)
価格:72,000円+税

<講師メッセージ>

メイン講師を務めてくださる赤座綾さんのメッセージをご紹介します。

 今回の講座は一元論に入っていきたいと思います。 バラモン教の聖典をヴェーダと言いい、 その一番新しいものが、ウパニシャット(紀元前6世紀)といいます。

 これは、ヴェーダの最終部門という意味で ヴェーダーンタ と呼ばれています。 つまり、人類の意識の進化を辿ることは 一個人がどんな道のりを辿って、意識を進化させ、 人生を体験しているのかということとリンクしている気がします。
 
 体験的、直感的に真実をとらえた一元論。 この世界を明晰に、理解させてくれる二元論。多元的二元論と梵我一如の一元論は、一見対立する概念のように思われるかもしれません。

 世界を理解したいとき、私達は世界を言葉で切り分けていきます。 分かる 解る、という事は『分解』していく事だからです。そしてこれはとても必要なプロセスであり、 抽象的にとらえたものが、本当に抽象度の高い理解になる為の過程です。

 ただ、分解してしまったものは本質ではありませんので、先人たちは それらを瞑想によって新しい次元に昇華していったのだと思います。 そのプロセスを踏まえ、ベーダンタの本質と現代哲学、そして空、の景色を見ていきたいと思います。

 最終的な梵我一如は、信じる対象ではなく、感じる世界なのかもしれません。 人類が辿った哲学の歴史を現代まで、一緒に歩いていきましょう。

<講師プロフィール>

メイン講師:赤座綾(あかざあや)
https://www.akazaaya.com/about-me-1

舞踊団引退後27歳からヨガのインストラクターを始める。
興味は次第にヨガ哲学や瞑想へと移り、ダンサー時代の瞑想的な経験や物理学との繋がりの中で、理解を深めていく。

現在、哲学、身体操作、瞑想、氣功、科学、そしてそれらに必要なマインドなど様々な知的世界の中核を学びながら、研修、講座などを担当している。
ヨガ哲学を、様々な角度から紐解き、一貫性のある講座が人気。的確かつ繊細なインストラクションは、自然と意識を深い境地へ誘う、日々瞑想を実践。

[主な保有資格]
​全米ヨガアライアンス E-RYT200
イデアトリウム主催
ファーストシップヨガスクール
瞑想講師養成講座、瞑想集中講座講師
LAVAトップインストラクターへWSコンテンツを提供 特別研修講師
渋谷ウタールヨガスクール、ファーストシップなどでレギュラークラス担当
全米ヨガアライアンス認定 クリパルヨガ講師
均整術 氣功 無痛リンパ整体取得

<特典>

今回の中心となる[ブラフマ・スートラ]に関して解説した赤座綾さんの講義ビデオ(9月12日収録予定)を講座開始前にお送りしますので、考え方、使われる言葉などのよい予習をしていただけます。

 毎回の講義では、より丁寧に詳しく豊かに解説されていきますので、これをご覧いただくことで、はじめての方も毎回の講義でより理解を深めていただくことができます。

こうした事前のオリジナルビデオに加えて、毎回のライブ(オンライン)トレーニングも収録して配信します(Facebook限定ページにご招待)ので、繰り返し必要な箇所を見直していただくことができます。

これからの生き方、働き方をより深い部分からデザイン

 毎回、講義のはじめなどに、前回までを振り返り、対話を深めながら進んでいきますので、YOGA哲学への理解を深めていくことはもちろん、これからの生き方、働き方をより深い部分からデザインしていく機会にしていくことができます。

PAGE TOP